下の前歯が歯周病

投稿日:2009年7月24日|カテゴリ:歯の健康相談

【相談内容】
57歳の男性です。2ヶ月前から歯周病で左下の犬歯が何回も腫れました。
抜歯と同時にインプラント治療ができますか?


【お答え】

歯周病でも、抜歯と同時にインプラントを埋入できます。
完全に病巣を除去した後、口腔内から自家骨を採取し、インプラント周囲に移植します。3~5ヶ月後に2次手術をし、印象採得し、メタルボンド冠を製作します。

 

 抜歯した犬歯(図1)  インプラント埋入時のX線
 上部構造試適時のX線  ポーセレン冠の装着(矢印部分)