web予約 アクセス 診療時間

● 京急「上大岡駅」徒歩7分〒233-0002
神奈川県横浜市港南区上大岡西2-10-19
 
午前
午後
午前9:00-13:00/午後14:00-18:00

休診日

日曜日、祝日

一般歯科

今ある歯を大切に・・・そして、抜けてしまったお口もより快適に美しく・・・
お口の健康を通じて生活をより豊かにするお手伝いをいたします。

お口の中のトラブルで代表的なものは虫歯です。
歯医者に対する「痛い」「怖い」のイメージが強く、また完治までに何回か通わなければならないという時間的な負担などから、最悪の状態になって来院される方も多くいらっしゃいます。
初期の段階で処置をすれば、もっと軽症で済んでいることが多いので残念でなりません。
また、歯の健康は、治療をして治ったからそれでおしまい・・・というものではありません。それ以降のメインテナンスの方が重要なのです。定期的に健康診断を受診して身体に悪いところがないかチェックするのと同じように、歯も定期検診をして異常がないか調べて健康な口腔を確認することは、同時に健康な身体を維持することにつながるのです。
定期検診はできれば1年に1回は必ず受けるようにしましょう。

一般歯科Q&A

Q1

上下に親知らずがあって少し歯肉から出ている程度ですが、時々腫れて痛くなり1週間程度続きます。1度に上下とも抜歯できますか?

A.一度に親知らずは抜けますが、出ている状態によって抜歯の難易度と抜歯後の状態も違ってきます。上の親知らずの方が下より抜きやすく腫れも軽度のため、上から抜歯するのがよいでしょう。下あごの親知らずは普通に出ていれば問題はありませんが、全体に傾斜が強くなると難しくなります。というのも親知らずの歯冠の部分が前の第2大臼歯の下にもぐり込み、引っかかってくるためです。完全に骨の中に埋まっている場合は周囲の骨を削除して抜歯しますが、この時はかなり腫れるでしょう。

Q2

A.プラスチックを詰めた歯が痛くなりました。冷たい水がしみるようになり、最近ではお茶でもしみます。他に虫歯があるのでしょうか?

プラスチックを詰めた歯の近くに虫歯があっても気がつかないと冷温水でしみることがありますが、この場合はX線写真で発見できます。しかし近くの歯に虫歯がなければ詰めたプラスチックの刺激が歯の内部にある神経や血管の入っている歯髄に波及し、痛みが出て来たものと考えられます。この場合は、プラスチックを除去して神経を鎮める薬を詰めて様子を見た上で、再度プラスチックを詰めます。もし痛みが取れなければ神経を除去し、その後プラスチックを詰めるか、差し歯にします。

Q3

10年前に奥歯に出来た虫歯の治療時に予防を兼ねて奥歯4本を金属冠で固定しましたが、その中央付近の歯の部分がいつも腫れて膿みが出ます。全部やり直しか抜歯になりますか?

A.歯を抜かなければならないか、再治療すればもう一度使えるかはX線などにより診査して治療方針を立てます。X線診査で腫れた原因が特定の歯に限局し、その金属冠に穴が開いていたり、折れたりしていなければ、また連結している他の金属冠に虫歯がなければ、その腫れた歯の歯茎を開き、横から抜歯します。そうすれば4本すべてそのまま使えます。もし腫れた歯以外にも虫歯や歯槽膿漏が進行していた場合には、保全不可能な歯を抜歯し、すべてを作り直すことになります。

Q4

右上奥歯に金属冠を被せました。その後3回作り直したのですが最近風邪をひくと右目の下が腫れている感じがします。歯が原因でしょうか?

A.恐らく何回も治療して金属冠を被せ直しているので、歯根尖端に膿の袋が出来、それが上顎洞という歯根尖端の空洞と交通し、いわゆる歯性上顎洞炎になったものと思われます。この状態で歯を残すことは不可能なので、出来るだけ早く抜歯しなければなりません。その際、膿の袋が大きいと周囲の骨が溶けて、歯根部分が洞内に迷入しやすくなるため注意が必要です。抜歯後は上顎洞と口の中とが交通して水が鼻から出る炎症がおさまれば自然に治ります。もし治らない場合は閉鎖手術をします。

Q5

以前奥歯に詰めた金属が1ヶ月前に外れ、最近その外れた穴に食べ物のカスが入ると痛みます。もう1度治療をして被せられますか?また抜かなくても済みますか?

A.取れた金属の大きさと虫歯の大きさによって治療方針は異なります。X線写真により虫歯の大きさ、以前の治療内容、根の先に膿の袋があるかなどを診断します。虫歯が小さければ外れた周囲の歯質を除去し、再度金属またはプラスチックを詰めます。また虫歯が神経のあるところまで進行していなければ神経を取らないで金属冠かポーセレンクラウンを被せることが出来ます。反対に虫歯が深い場合は神経を取ることになります。神経が以前の治療で除去してある場合は、再治療をやり直します。